フラガール − dance for smile –

【真の復興は少女たちの笑顔で】
映画「フラガール」は、2006年に公開され、第80回キネマ旬報ベストテン1位、第30回日本アカデミー賞最優秀作品賞を受賞した、日本映画の傑作である。
映画監督の李相日は、昭和40年という時代を背景に、エネルギーの石油化の波に飲まれながらも、需要の下がる石炭を堀り続ける福島県いわき市の炭鉱町を描き、滅んでいく産業の中で働く人間が、力強く生きていく姿をみごとに表現し、常磐ハワイアンセンター設立までのエピソードを、フラガールに生まれ変わっていく少女達の笑顔と涙で描ききった。

今回、舞台版の再演にあたり、フレッシュなキャストが集まった!

主演は、舞台では単独初主演となる、潮紗理菜(日向坂46)!!

フラガールのリーダー谷川紀美子役には、日向坂46の1期生潮紗理菜(日向坂46) 、かつて都会のダンサーだったにもかかわらず炭鉱の娘達にフラダンスを指導することになる平山まどか先生役に矢島舞美、紀美子の親友でフラガールを目指す木村早苗役は、太田夢莉。また、フラガールのメンバーに、兒玉遥が舞台版オリジナルキャラクターの和美役として登場する。炭鉱を支え続ける事が女の生き方と信じ、娘紀美子と対立する母親、谷川千代役は、有森也実が務める。コロナ禍から立ち上がろうとする日本に少女たちの汗と涙が希望をもたらす。そして、羽原大介と李相日の映画原作を新作舞台化するにあたり、総合演出にはフジテレビのトレンディドラマの産みの親河毛俊作プロデュースと構成演出として、現代エンタテイメント演劇の巨匠岡村俊一が名前を連ねる。日本映画の傑作が、舞台上に再び甦る
「フラガール – dance for smile – 」にご期待ください。

公演概要
フラガール − dance for smile –
■ 作    羽原大介 李相日
■ 総合演出 河毛俊作
■ 構成演出 岡村俊一
■ 出  演 潮紗理菜(日向坂46) 矢島舞美 太田夢莉 兒玉遥 /有森也実 ほか
■ 会  場 新国立劇場 中劇場
■ 公演期間 2022年5月14日(土)~ 5月23日(月)


ラガール − dance for smile –